トラッシュちゃん

Dynamic Content Gallery Error: View page source for details.

2015 results

8/9/15 New York Junks at Bees – Semi Finale –

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
じゃんくす  0  0  0  1  1  0  1  3
オレガ  0  0  0  1  0  0  0  1

WP:リッチ

3年ぶりの決勝進出!
じゃ軍は4回、ファーボールの清を火星がバントで2塁まですすめる。
2アウト後ロスがレフトへヒットで1,3塁とチャンスを広げると、ロスと清のダブルスチールで先取点をもぎ取る。
その裏ビーズにタイムリーが出てすぐに同点に追いつかれる。
しかし、続く5回に火星の平凡なピッチャーゴロをまさかの1塁悪送球の間に1点を追加すると、
7回には田村の足で作った1,3塁のチャンスからもまたもダブルスチールで点差を2点に広げた。
守っては相変わらずのリッチの好投で6回の2,3塁のピンチも0点で凌ぎ、
3-1で決勝進出を決めた!

 

 

8/2/15 New York Junks at Orega – Quarter Finale –

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
じゃんくす  3  1  0  0  3  0  0  7
オレガ  0  0  2  1  1  0  0  4

WP:リッチ

 

 

 

7/26/15 New York Junks at Orega

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
じゃんくす  0  0  0  0  0  0  0  0
オレガ  0  1  1  0  1  0  0  3

 

 

 

7/19/15 New York Junks at Shinsen gumi

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
じゃんくす  0  0  1  2  1  0  0  1
新撰組  0  0  0  0  0  0  0  0

WP:リッチ

7/12/15 New York Junks at Jokers

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
じゃんくす  0  0  0  2  1  0  0  3
ジョーカーズ  1  0  0  0  0  0  0  1

WP:ケイタ  S:リッチ

雨天順延が続き4週間ぶりの試合となった相手は宿敵ジョーカーズ。
じゃんくすの先発は日本から遠征にきた2011年度大会MVPの川嶋。
初回からいきなりエラーと内野安打2つで1点を先制を許してしまう。さらに続く2、3、4回も常にランナーを得点圏に背負うピンチが続くが、川嶋は大事な場面で相手を打ち取りジョーカーズに追加点を許さない。
一方、じゃんくす打点もジョーカーズの先発アイバンを攻め続けるがなかなか得点に繋がらなかったが、
4回表に高橋、川嶋の連続ヒットでランナーをためた後にリッチーのタイムリーツーランヒットで2点をとり逆転に成功。
そして5回表にもヒットで出塁した中畑が見事な走塁で相手の送球エラーを誘い3塁まで進んだ後に
高橋のタイムリーヒットで追加点を入れる。
6回からはリッチーをリリーフでマウンドに入れ、接戦の末にじゃんくすが3対1でジョーカーズに勝利した。

 

 

 

6/14/15 New York Junks at Batmen

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
じゃんくす  2  1  0  0  0  0  0  3
バットメン  1  0  0  0  0  0 1  2

WP:リッチ S:エイタ

初回先頭エイタが内野安打で出塁すると、得意のバント攻撃をしかけ先制。
高橋キャプテンの犠牲フライもあり初回に2点を先取する。
しかしその裏1点を返されるが、続く2回には下位打線の連打でリードを広げる。
3回以降バットメンのピッチャーは調子を上げじゃんくすはチャンスらしいチャンスも作れず。
一方じゃんくすのエースリッチはなかなか制球が定まらず、四死球を連発するも
粘りの投球でなんとか0点でしのぐ。
最終回抑えのエイタがタイムリーを浴び、1点差に詰め寄られるものの
最後はなんとか抑え、これで戦績は5勝1敗。
決勝トーナメント進出が見えてきました。

 

 

 

6/7/15 New York Junks vs babe

 

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
ベーブ  0  0  0  0  0  0  0  0
じゃんくす  0  1  1  0  1  2 ×  5

WP:リッチ

 

 

 

5/31/15 New York Junks at Piggies

 

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
じゃんくす  0  1  2  1  0  0  0  4
ピギーズ  0  0  0  0  0  0  1  1

WP:エイタ

2回表にファーボール2つと内野安打でワンアウト満塁のチャンスにアキのレフトへの犠牲フライでまずは1点先制。
3回表にも死球とファーボール2つでツーアウト満塁のチャンスを作り、
リッチがあわや満塁ホームランかと思わるフェンス直撃のタイムリーツーベースで2点を追加。
4回表はエラー出塁と盗塁でチャンスを作り、キヨシのライト前へのタイムリーヒットで4点目を追加。
守っては先発エイタのテンポのいいピッチングにより6回まで零封。
最終回、ピギーズ打線の粘りの攻撃、四球とライト前ヒットでランナー2、3塁をおき、
じゃんくす守備陣の隙をつくホームスチールで1点を返されるが、
最後はエイタの気迫のピッチングでピンチを切り抜けゲームセット。

 

 

5/17/15 New York Junks at Dumbos

 

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
じゃんくす  0  3  0  0  0  2  ×  5
ダンボス  1  0  0  1  0  0  ×  2

WP:リッチ    S:エイタ

 

先週の敗戦から切り替えて臨んだ一戦。キャプテンをはじめ数名不在の中、
一致団結して試合に臨む。
初回ミスから失点するも、2回にこれまた相手のエラーですぐに逆転。
3回、4回には2アウト満塁のチャンスをつくるも得点ならず。
1点差に詰め寄られた6回、三度目の2アウト満塁のチャンスで、
なんと1塁に牽制球を悪送球。これで2点追加し、その裏はエイタが危なげなく締め、
今シーズン2勝目をあげた。
エラーで点をもらった試合。打撃の調子を上げないと。

 

 

 

5/10/15 New York Junks at Radiators

 

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
じゃんくす  0  0  0  0  0  0  0  0
ラジエータース  0  0  0  1  0  0  0  1

 

開幕2戦目はラジエータース。ラジの先発はJAA最速右腕のザング投手。
じゃんくすは大エース、リッチ。
予想通り二人の投げ合いとなる。リッチは序盤から制球、キレともにイマイチだが、
さすがエースと言われる男、経験で序盤をを乗り切ると徐々に調子を上げていく。
一方ザングは初回から速球を武器にじゃんくす打線をまったく寄せ付けず。
4回にじゃんくの守備の乱れがでて1点を失う。
攻撃陣はザング投手の前に1安打15奪三振とまったく歯が立たず、0-1の完封負けで終わった。

 

 

 

 

4/26/15 New York Junks at Rodeo 50’s

 

Team 1 2 3 4 5 6 7 R H E L
じゃんくす  5  0  3  4  2 × × 14
ロデオ  1  0  0  0  0 × ×  1

WP:エイタ

 

ついに2015年シーズンが開幕!
開幕戦序盤から投打がかみ合いロデオ相手に5回コールドの圧勝!
開幕投手のエイタが1番打者も務め、4回にマウンドを譲った後は、
マスクをかぶりリッチを巧みにリード。大車輪の活躍でした。

 

 

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>